*

インプラントのご相談は神戸市の神戸デンタルクリニックへ >>新着情報、お知らせ

新着情報、お知らせ

歯周病と全身疾患の関係 2020.02.10更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです。

 

前回、投稿しました歯周病の続きで、今回は生活習慣病の糖尿病と歯周病の関係の記事を更新したいと思います。

 

これまで、糖尿病にかかっていると歯周病の治りが悪いと言われていました。

 

しかし現在では糖尿病をはじめ心臓病や脳血管障害などの循環器系疾患、 肥満やメタボリックシンドローム、肺炎やインフルエンザ、誤嚥性肺炎 などの呼吸器系の疾患と、ほぼ全身にまたがる病気に影響を及ぼしていることが分かってきています。

 

早産や低体重児出産にもつながるとされています。

 

下記の国立循環医療研究センター 糖尿病情報センターというwebサイトに

興味深いページがありましたので、引用します。

 

http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01.html

 

☆ココカラ☆

お口の健康は、毎日の食事や会話にもつながるとても身近なものです。

みなさんは、以下のようなお口のトラブルを自覚することはあるでしょうか?

 

✓ ハブラシの時に出血する

✓ 朝起きたときに歯肉に違和感がある

✓ 口臭を指摘された

✓ 歯肉が下がって、歯が長く見えるようになった

✓ 体調が悪くなると歯肉が腫れる

✓ 歯の揺れを感じることがある

 

「歯周病」には、炎症が歯肉に限局した「歯肉炎」と、歯を支えている歯槽骨が破壊されて歯を失ってしまう「歯周炎」があります。

上の症状が複数当てはまると、「歯周炎」の可能性が高く、歯科医院での治療が必要となります。

歯周病は糖尿病と相互に悪い影響を及ぼします。

糖尿病をお持ちの方では歯周病が悪化しやすく、歯周病があると糖尿病の血糖コントロールが難しくなることがわかっています。

お口だけの病気で済まない厄介な歯周病。

早期発見をすることが大切です。重度になってしまうと、最悪の場合歯を抜くことがありますので、定期検診は必ずお受けください。

 

 

 


歯周病について 2020.01.25更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです★

 

今日は歯周病について記事を更新します。

 

皆さんがご存じの歯周病。

 

名前は知っていても、意外と知らない歯周病の恐ろしさについて書きます。

 

まず、歯周病は、歯の骨が溶け抜け落ちてしまうという怖い病気です。

日本人の多くは、30歳から歯周病が進行して50代から歯が抜け落ちるという方が多いです。

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですが、自身の歯磨きで歯垢(プラーク)を全て取り除く事は不可能です。

医院で専用の器具を使い、定期的に歯垢(プラーク)を取り除き、客観的に清潔な状態を維持していく事が歯周病予防となります。

食後の歯磨きと定期的な歯科医院での歯垢除去が歯周病予防の鍵となります。

 

歯周病の基本的な治療

TBI…ブラッシング指導

TBIとはTooth blushing instruction、歯磨き指導のことです。

歯磨きの方法にはさまざまな種類があり、歯の位置や年齢などに合わせて磨き方を使い分けていく必要があります。

当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っております。

歯並びによって磨き方も変わりますので、自分に合ったブラッシングを正確に出来る様、指導致します。

 

スケーリング

超音波機器でブラッシングでは取り除けない部分のプラークを取り除きます。

 

ルートプレーニング

歯茎の下にこびりついた歯石をとり、歯根の荒い表面をなめらかにします。

歯肉を治りやすくするために、歯周ポケットに薬を入れることがあります。

メインテナンスの重要性

 

一度歯周病になってしまうと、定期的なメインテナンスをしないと少しずつ歯周病が進んでしまいます。

歯が痛くなくても、3~6か月に一度は歯をきれいにして、なるべくたくさんの歯が残るようにしましょう。


新年の御挨拶 2020.01.04更新

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

2020年も多くの患者様のお口の健康増進のお手伝いをさせて頂ける様、スタッフ一同努力致します。

 

神戸デンタルクリニック

 

 


銀歯のリスク? 2019.12.06更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです。

 

銀歯のやり変えで来院される方が多く、ご質問や疑問を頂きますので、銀歯について更新したいと思います(^^)

 

意外と知らない銀歯のリスク?とは?
その1何と言っても見た目が悪い 大きな口を開けられない・・とお悩みの方が多いです。 歯や歯茎まで変色する事があります。

その2金属アレルギーのリスクまで! 今まで何ともなくても、ある日突然手や足などにアレルギー反応が出た!という方も多いです。

その3銀歯は虫歯になりやすい!? 口の中は、酸性・アルカリ性、熱い冷たいなど過酷な環境です。銀歯は錆びたり、劣化し、歯との隙間から虫歯になってしまうのです。

口を大きく開けて笑った時に見える銀歯。

この銀歯が気になって口に手を当ててしまい、笑顔に積極的になれない、あまり人に見られたくない、というお悩みをお持ちの方は決して少なくありません。

 

白い歯は治療費が高いイメージがあるため、なかなか治療に踏み切れない・・・という方が多いのが現実ではないでしょうか?

 

神戸デンタルクリニックでは、一人でも多くの患者様に白い歯で積極的な笑顔になって貰う為に、治療費を出来るだけ安く、歯の品質を下げずに治療が出来るようご提供します。
インレー(詰め物) 6万円
クラウン(被せ物) 7万円
まずは、患者様のお口の状態を確認してからの治療となります。

 

お支払いは分割やカードも対応しております。お気軽にお問い合わせください。


年末年始のお知らせ 2019.12.03更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです(^^)

 

年末年始のお知らせです。

 

 

12月30日午後~1月5日まで休診とさせていただきます。

 

12月30日の午前は外来のご予約可能です。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

神戸デンタルクリニック


歯の検診にお越し下さい☆ 2019.11.05更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです。

 

年末に向けて、歯の検診のご予約はお済ですか??(^^)

 

年末に近づきますと、予約が混み合ってしまいますので、是非11月に検診などご予約下さい☆

 

ホワイトニングのご予約もスムーズにご案内が可能です。

 

寒くなる季節に真っ白で綺麗な歯はとても魅力的ですよね☆

 

ホワイトニング専用のホームケアグッズも充実していますので、是非お越し下さい♪

 

スタッフ一度お待ちしております。

 

神戸デンタルクリニック


ホワイトニングコーナー 2019.10.03更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです。

当院人気のホワイトニングに、ホームケア用品でホワイトニングコーナを設置致しました(^^)

おススメ歯磨剤3点!

是非、ホワイトニング後のケアとしてご使用下さいね(^ ^)


ホワイトニング! 2019.09.07更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです☆

 

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きますね☆

今日は、当院一番人気のホワイトニングについて更新します☆

 

ホワイトニングどこまで白くなるか?

 

ホワイトニングの対象となるのは天然の(患者さん自身の)歯で、つめ物や 冠(白いプラスチック製やセラミック製)は白くなりません。

従ってホワイトニング治療の終了後やり直しが必要となる場合が多いです。

 

歯の白さ・色調を判断する「シェードガイド」があります。

コンサルテーションの際に御自身の歯の色とシェードガイドを比較し 治療前の歯の色を記録できます。

 

 

治療後、同じ方法で治療後の色を決める事で効果の判定が出来ます。 A3→A1, B4→B2 etc

 

 

ホワイトニング治療経験の多い歯科医師ならコンサルテーションの際に おおよその変化(治療効果)を示すことが出来ます。(もちろん予想が難しいケースもあります)。

一般的に黄色っぽい歯の方が改善しやすく、灰色っぽい歯は難しいです。

縞がある場合は縞の位置によって効果に大きな差があります。 若い方のほうが治療期間が短い傾向にあります。

 

知覚過敏をさけるには?

 

知覚過敏は不快ですが不快を乗り越えると白い歯が手に入ります。

高い濃度のジェルは知覚過敏が起こる可能性が高くなりますがより早くより良い結果をもたらします。

治療が終われば必ず知覚過敏はなくなるのですから、どこまで我慢できるかです。耐え難い程の知覚過敏が出ることは、稀にあります。

オフィスホワイトニングでの治療の場合は、担当歯科医師が知覚過敏の原因を究明し、改善措置をしてくれます。

 

ホームホワイトニングの場合

 

    濃度を下げる(低い濃度のジェルに変更する)

    使用時間を少なくする(当然効果は減ります)

    知覚過敏をおさえる歯磨剤を使う(硝酸カリウム、乳酸アルミ二ウムが配合されたものが良いです。なお、フッ素が入ってない物の方がホワイトニング治療には好ましいです。)

いかがでしょうか??(^^)

ホワイトニングにはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの2種類あります☆

患者様のライフスタイルに合わせてお選びいただけますので、お気軽にお問い合わせ下さいね☆

 

 


歯を溶かす飲み物?? 2019.08.01更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです☆

 

暑い日が続いてますが、皆様熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。

 

さて、今日は歯を溶かす飲み物と題しまして、記事を更新したいと思います(^^)

 

皆さんは、歯を溶かす原因となる飲み物をご存じでしょうか??

暑い日には、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

でも、暑いからといって頻繁に「炭酸飲料」や「スポーツドリンク」を飲む事は実はお勧め出来ないのです・・。

酸性度の高い飲み物を飲み続けると「歯を溶かしてしまう」恐れがあるからです。

酸性の飲食物ばかりを取っていると脱灰が起こってしまい、酸蝕症を引き起こすのです。

酸蝕症とは?

酸蝕症は、主に食べ物など外から入ってくる酸や体の中の胃酸によって起こります。

 

進行すると、むし歯同様の症状が現れます。酸性の飲食物の中に「糖」が含まれていると、歯が溶けやすくなってしまい、虫歯にもなってしまうのです。

 

しかし、かと言って暑い夏の日に全く飲めないというのも、特にお子様は辛いですよね・・。

予防策として、摂取したあとは、うがいをしたり、水やお茶を飲んだりして洗い流す事をお勧めします☆

 


夏季休暇のお知らせです(^ ^) 2019.07.09更新

こんにちは、三宮神戸デンタルクリニックです。

当院の夏季休暇のお知らせです。

8月11日〜15日まで休診とさせて頂きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

神戸デンタルクリニック